休日ソルジャーの奮闘記 ACT16

シェイタック M200 対物狙撃ライフル

いやいや連日あほみたいな暑さですね・・・日々サバゲーという極限の状態に慣れ親しんでいる私も流石に体内の

コアが融解寸前

の危機的.状態の木曜担当の長後店の黒田ですι(´Д`υ)アツィー

この暴力的な暑さで流石に家で過ごしている時間が多くなってきている気がしてますが在宅しているとサバゲの装備品のメンテナンスであったり趣味への時間投資が増えてくるのですが先日我が家の通称、武器庫と呼ばれるコレクションルームを見渡しているとふと気付いた事が・・

あ、こんな銃そういや持ってたけかな・・・

そうですあまりにも数が増えてくると存在そのものが意識から外れてくる不憫な銃が数丁出てくるのです。
大抵そのカテゴリーに入る物の大半は購入時のインパクトはデカいけど実用性に乏しかったりその時の流行りだったりと俗にいう

一発屋

みたいな感じです。

そんな中でもひと際異彩を放ち需要がニッチすぎる一丁を久しく引っ張り出して積もる埃を落としてあげようかと思ったのですが・・・・

なんでこんなん買ったんだろう・・・・(゜_゜)あのときの俺はどうかしてたんだろうな。

と自問自答wwwそんな記憶から消えかけてた不憫な子を今回紹介します。

それがこちら・・・・・・・

シェイタック M200 対物狙撃ライフル
いやいやあまりにも使う場面がなくて一年以上は放置プレーだったようでクモの巣まで張ってる始末ww
しかし疑問を抱かれる方もいるのではないかと・・「なんでコレが特異なん?見た目普通やん」 と
その理由は簡単です・・・・何故ならば

このサイズと重量の為。

身長173センチの私と比較いただければデカさが伝わるかと、なお重量は約10㌔
こんなん持って駆け回れる体力は凡人の私にはありませんでした。
かと言って法律上エアガンのパワーには上限があるのでとりわけ凄く強い訳でもなく完全な見た目要員な位置づけになりますw
(補足ですが実銃のM200は有効射程が専用弾を使用すると1600mから2000mの距離で装甲車の装甲を貫ける威力があるそうです)
思い返すとこのM200が登場する「ザ・シュータ 極体射程.」という映画を観て劇中の痺れるような射撃シーンを見て感化されて買ったかなー
と当時をしみじみ振り返ると理屈抜きで見た目だけで購入決めたのこれくらいかなーなんて今よりもっと前はエネルギッシュだったなーなんて自分を振り返ってみるなんてこともできたりでwww
少しばかり愛着が湧きましたw

もう少し涼しくなったらコイツ持ってフィールド駆け回るのも悪くないかも(-ω-)/

ちなみに最後に使ったの多分4年位前ですねwww写真データがフォルダの最下層付近に残ってましたw
ほんとビジュアルは最高なロマン銃だわなwww

ではではまた来週(‘ω’)ノ