休日ソルジャーの奮闘記 ACT22 「遥かなる某国の開放戦線」

バルベルデ(VAL VERDE)共和国

みなさんこんばんは(/・ω・)/ 木曜日の

自由の開放戦士

黒田が参りましたぞ!!

さて今週末に大規模なサバゲイベントを控えて虎視眈々と準備を整えている私なのですが今回開催される集いについて今日は呟こうかと。

そのイベントの名を

バル・ベルデ サバゲー

と銘打っております。

まず説明としてバルベルデとはなんじゃらほい?となりますよね。まずこの映画をご存知でしょうか?

それと

この作品です。アーノルド・シュワルツェネッガー主演のコマンドーとプレデター!!
コマンドーはシュワちゃんが凶器とも言えるムキムキボディでマシンガンをぶっ放しまくる超絶アメリカンなアクション映画。
プレデターは謎の凶悪宇宙生命体のプレデターとシュワちゃん率いるコマンド部隊との闘いを描いたサバイバルホラーです。
両作とも金曜ロードショー的な地上波でも何度も放送されたこともありご存知の方も多いかと。
そしてこの両作品にはシュワちゃん主演以外にじつはもう一点の共通点があるのです。
この映画に登場してシュワちゃん達の戦場となるのが・・・・

バルベルデ(VAL VERDE)共和国

という架空の国家が登場することなのです。
そしてその架空の国家でもしも動乱が起きて戦火が切って降ろされたら?というテーマでサバゲをしようというのが今回の催しなのです
設定上のバルベルデ共和国は位置的には南米にある一国家であり、反米志向が強くソ連などの共産主義国との密接な関係を持つ国として描かれています。公用語はスペイン語で主産業は葉巻などの生産を主とする農業国そしてクーデターなどで政権がコロコロ変わり国内状況は混沌としている。そして傭兵などが国内に頻繁に出入りしているためしばしばゲリラ化した武装勢力が勃興する。吹き溜まりみたいな国なのですw
このバルベルデを舞台に関東全域から屈強な兵士(サバゲーマー)がおよそ100人近く集結!政権転覆を目論むクーデターを決起したバルベルデ軍とそれを阻止する為非公式にバルベルデ国内にアメリカが差し向けた傭兵部隊に分かれて大人たちがドンパチする崇高なイベントなのです(∩´∀`)∩
しかしながら大人が本気でごっこ遊びをするとなると気合が半端ではありません。

バルベルデの国旗を自作した方がいたり。

参加の為のエントリーシートが

入国許可申請証

だったりします。

今回、私は米国の差し向けた傭兵側でバルベルデ軍との戦いに臨みます。
因みに入国の際に用意した身分偽装にはバルベルデ国内の就業支援プログラムの一環である自動車の整備技術を指導するインストラクターという身分で入国したいと思いますww

そして身に着ける装備や銃に関しても無論縛りがあるため時代背景と活動拠点を考慮して組み立てる必要があります。
こういうイベントはドレスコードを統一して如何に周囲と調和を取るかが非常に重要です。
今回過去に私が様々な装備をしてきた中でイメージに近くて尚且つイベントの趣旨に沿うためのイメージソースを数点ピックアップしてみました。

ここから足し算引き算しながら当日の着こなしを決めなければなりません・・・・。(◎_◎;)

はっきりいってメチャ労力使います。

ある種の協調性も試されますから手が一切抜けませんwww

あと数日でコレこそがバルベルデに攻め込む傭兵!!って身なりの解答にたどり着けるのか・・・・。
その答えは来週の木曜日のブログで明かされるはずです(; ・`д・´)

ではバルベルデに向け発ちますのでまた来週(‘◇’)ゞ さいならー