休日ソルジャーの奮闘記 ACT23 「遥かなるバルベルデ共和国の地で」

バルベルデ共和国

みなさんこんばんは(‘ω’)ノ

戦地から帰還した帰還兵の長後黒田です。

先週にお伝えした通り子供心を忘れない大人たちが集まった一大イベント「バルベルデサバゲー」参加してまいりました(∩´∀`)∩
何のことやらな方は先週のACT22のブログをみてくだせぇ。
さて早速ですがその模様をご覧ください。
まず今回の趣向として通常のサバゲと異なり勝敗を競う訳ではありませんこのテーマの世界観にどれだけ入り込めるかが重要な集いであるのですが・・・・正直私自身も現地に到着するまでの心構え・・・実に浅はかでしたww
すでに参加者の受付からこのゲームは始まっていたのです。. まず・・・

入国審査役兼受付の方々の気合となりきり方が尋常ではなかったですwなんてったって

金属探知機が登場

する始末ww

入国申請書形式の参加用紙の記載に関しても記載抜け等があれば厳しくチェックされます。私も記載漏れで三回書き直しを要求されましたw記載が無事完了すると入国税という名の参加費を払います金額にして35バルベルデ$(日本円で3500円)でした。

誤解が無いように言いますがここまでの流れ全ての

小芝居を素敵なおじさま達が本気で仕掛けてきますw

大人の本気は怖いですねw無事入国手続きが済むと我々は今回

米国の差し向けた非公式な部隊

としてバルベルデ国内に潜入した設定の役回りになるので同様に入国(受付)を完了したメンバーと合流して作戦行動に入る準備をします。

今回の我が陣営の猛者たちですw
そして今回の参加者両陣営の顔合わせとなる運命の開会式に移ります。

どーん!!!バルベルデの指導者アリアス大統領もいらっしゃいましたww

バルベルデ共和国の兵士の面々。国歌斉唱の様子w
それに相まみえる我が部隊の面々

戦力比 7:3ですw

国歌斉唱の圧に怯む我らが部隊の面々w

そしてこの後大人げない大人たちのなりきりゲームが始まるのです。

今回の趣向の一つとして各分隊でチームリーダが任命されその戦闘指揮官の指示に従いながら行動します。
そのため例え想定外に接敵した際も指揮官からの発砲及び交戦許可が無ければ発砲することは禁止されているので指揮官が判断を誤ると部隊が壊滅する可能性もあるので責任重大ですw
こんな感じで一日各々がなりきって一日楽しい時間を過ごす崇高なイベントでした。
((注)今回一部写真には本人許可の絡みがありますので画像処理をさせていただいてます。)
またこの文面では肝心な戦闘中の雰囲気が伝わらないので気になる方いましたら Twitterで #バルベルデサバゲ でもう少し細かい様子が見れるかと思います(*´▽`*)また近日編集動画もYouTubeにアップされるとのことなのでアップされたら是非とも見てみてください。

ではさようならバルベルデ!!また会おうバルベルデの地で!!