【晴れの日にmama袖】

mama袖

ミレニアムbabyと呼ばれた
2000年生まれの可愛い子が
成人の日を迎えました。最近は母の振袖を着る子も多くて、
彼女たちはそれを「mama袖」と呼びます。

その「mama袖」が実家からドカンっと
届きました。帯も小物類も…いっぱい。
コレどうしよっか…な?

できない母

を察した長女ちゃん、
自ら着付け師さんと打ち合わせをして、

「ママ!振袖の部品が、足りなーい!」

って
私もついつい、

「えーっ!何の部品?」

って
車の部品のような雰囲気になってしまいました。

完成した姉を見た次女ちゃんが

「ママ、私もこれやるの?」と質問。
私、「ん…どちらでもいい…よ」と答え。

ママ、この儀式に、何かしら疲れました。