カー用品

リレーアタック防止キーケース縦型 KE-77

リレーアタックには電波遮断が有効です。

奥側のポケット(電波遮断ポケット)に入れると電波を遮断し、
手前側のポケット(通常ポケット)に入れるとスマートキーが使用できます。
キーリング付きでスマートキーが脱落しにくく、ポーチタイプなので持ち運びがしやすい形状です。

商品:カシムラ リレーアタック防止キーケース縦型 KE-77
サイズ:幅98×奥行15×高さ140mm
品番:49079 8678077

※本製品は車両の盗難を完全に防ぐものではありません。
盗難の抑止および被害を減少させることを目的とした製品であることをご理解ください。

パナソニック CN-RE03WD/CN-RE03D

見やすい地図とわかりやすい案内。豊富な情報量で検索も充実。

リアルでわかりやすい案内画面

複雑な都市高速の分岐やわかりにくい交差点も見やすい画面でしっかりサポートしてくれます。

あいまい検索

施設名称の一部や愛称など、あいまいな名称を入力しても、目的地を検索できます。

コンビニ詳細情報

コンビニの営業形態が一目でわかり、直接電話も可能。

50音検索/履歴検索

1文字入力するたびに次の文字候補が絞り込まれます。また以前の入力履歴も出るので、素早く検索できます。

ビーコンや通信機器なしで、渋滞回避ルートを案内。

渋滞を避けた「スイテルート案内」で快適ドライブ

新交通情報サービス「VICS WIDE」を標準搭載。従来はオプションのビーコンユニットを追加しなければ利用できなかった渋滞回避ルート探索機能「スイテルート案内」に対応したほか、大雨などの気象情報を受信し地図上に表示することが可能になりました。

プローブ情報で交差点レーン別渋滞情報を考慮した探索が可能に

道路に設置された車両感知器だけでなく、プローブ情報として実際に走行しているタクシーから情報を収集するため、右折や直進などレーンごとの混雑状況を把握することができ、より高精度な最適ルートの探索が可能となりました。ストラーダはこうした「VICS WIDE」のリアルタイム情報と統計情報、さらにFM-VICSの情報を異なる矢印で地図上に表示するほか、交差点レーン別渋滞情報も画面上で確認することができます。

ストラーダチューンで、より使いやすく調整できる

VICSの情報を自分の好みに応じて、「ルートチューン」で渋滞回避する度合を調整したり、渋滞情報の詳細設定や、規制情報、駐車場表示の有無など、「VICSチューン」できめ細かに設定することができます。

気象等の特別警報をポップアップ表示

大雨や暴風、大雪、大津波や火山噴火など運転に支障をきたす可能性のある特別警報(地震を除く)を受信した場合、ポップアップ表示で注意を促します。非常時の情報を正確に把握できるので、素早く対応することが可能となり安心です。
また、1時間の雨量が50mmを超えるなど安全運転に影響をおよぼす大雨の情報を受信すると、該当エリアを地図上に表示。ドライバーの判断でルートやドライブ計画を変更するなど安全に対応することができます。

スマートフォンの検索情報をナビに転送

ドライブ専用アプリ「おでかけナビサポートここいこ♪」を活用し、スマートフォンで検索した目的地やルートをそのままナビへ転送することが可能。クルマに乗ってから行き先探しを行う手間を省くことができます。おすすめスポットを紹介する「寄り道コンシェルジュ」など機能も充実しています。

高画質映像で、より快適なカーライフが楽しめます。

地デジフルセグ

4本のアンテナが地上デジタルの電波を確実にキャッチし、さらに4つの内蔵チューナーがリアルタイムでデータを処理。データの劣化を自動的に補正する独自の復調LSIにより、データ復元力も高くなっています。

SD動画再生/USB動画再生

パソコンに保存されている動画や静止画をお手持ちのSDメモリーカードやUSBメモリーを介して、車で楽しむことができます。

パナソニックの高画質技術「PEAKSプロセッサー」を搭載

たとえば動きの早いスポーツシーンや緻密な風景など、再現することが難しい映像もプログレッシブ方式を採用したPEAKSプロセッサーが的確に表現。映像の細部までくっきりと映し出し、快適に鑑賞することができます。

ホワイトバランス調整

高精細な地デジ放送の映像も、車内とは思えないハイクオリティな画質で鑑賞することが可能。車内環境を考慮したホワイトバランスの調整により、人物の肌も自然な色で再現します。

LEDバックライト

高輝度な白色のLEDバックライトの採用と光学シート構成の最適化により、運転席や助手席からより見やすくなっています。

さまざななメディアを車の中に持ち込めます。

最大8倍速のスピード録音に対応

音楽CDを最大約8倍速でSDメモリーカードに録音可能。 5段階の圧縮録音モードが選択でき、高音質重視320kbpsから曲数を重視した96kbpsまで選ぶことができます。

※ SDメモリーカードに空きがあっても10,000曲を超える録音はできません。
※ 録音した音楽データは他のオーディオ機器やパソコンでは再生できません。
※ SDメモリーカードは256 MB~32 GBに対応しています。

BLUETOOTH®オーディオ

BLUETOOTH®接続に対応した音楽機器を事前に登録しておくことで、簡単にストラーダと無線接続することが可能。再生などの操作はストラーダの画面から行うことができるので、ポケットやカバンから取り出す手間も必要ありません。

ワイドFM対応

電波障害の影響を受けにくく、災害に強いことで知られるFMラジオの周波数を利用して、AM放送を行うワイドFM(FM補完放送)に対応。ビル街など電波が受信にくいエリアでも、クリアな音でAM放送の番組を聴くことができます。

iPod / iPhone 音楽再生

iPodをはじめとした各種USBオーディオなど、ストラーダは外部機器との連携機能も充実。普段はヘッドフォンで聴く音楽も、そのままドライブのお供に。各種操作はストラーダの画面で行うことができます。また、有線接続なので充電することも可能です。

パナソニック CN-F1D

多彩な車種に装着可能な9V型モニター あなたの愛車に迫力の大画面を

常識を打ち破る9V型「DYNABIG ディスプレイ」の圧倒的な存在感。大画面だからこそ味わえる迫力の映像、地図の見やすさが、従来のカーナビゲーションにはない未知の快適性を提供します。これまで大画面を装着することが難しかった車種でも搭載可能になりました

浮遊感のあるフローティング構造 存在感、そして美しさが際立つ

従来のボディ一体型ディスプレイとは異なり、独特の浮遊感があるフローティング構造を採用することで、曲面の大きなダッシュボードなどインテリア形状の影響を受けにくくなり、今まで大画面ナビを取り付けるのに必要とされる専用パネルを使用することなく、多くの車種に搭載することを可能としています。

絶妙なポジションで操作性を向上 文字が見やすい、タッチしやすい

ナビ本体から浮き出すディスプレイがドライバーとの距離を縮め、視認性と操作性がより一層向上しました。遠くまで手を伸ばさず画面にタッチすることができるため、より安定した姿勢でボタンを操作することができます。

装着車種を拡大するスライド機構 自分にもクルマにもピタリと合う

ディスプレイと本体の接続部分には上下/前後スライド機構と角度調整ヒンジを備えました。必要な距離をアジャストさせることでインテリアとの干渉を避け、より使いやすい位置に配置することが可能となっています。

ETC2.0の新サービスってどんな内容?

渋滞回避支援

広域の渋滞情報を受信し、リアルタイムに表示。前方の渋滞状況をお知らせし、賢くルート選択します。

安全運転支援

事前の注意喚起などにより運転中のヒヤリを減少。
落下物や前方の渋滞情報、前方の天候による路面状況などの情報を提供します。

災害時支援

事前の注意喚起などにより運転中のヒヤリを減少。
落下物や前方の渋滞情報、前方の天候による路面状況などの情報を提供します。

高速道路料金支払い

ETCによる高速道路利用料金支払いサービスも利用できます。
同じ1台のETC2.0/ETC車載器で全国1500箇所以上の料金所で利用できます。

2016年度から実施中のサービス / 圏央道利用分について料金水準を約2割引

まず2016年4月からは、首都圏の圏央道の料金水準が約2割引となります。

今後導入が予定されているサービス / 一時退出・再進入の料金同一化

災害、事故時、給油目的でなどで高速道路を一時的に退出して、再進入した場合、退出せずに連続して走行した際の料金とみなします。

今後導入が予定されているサービス / 渋滞を避けたルートを選択して料金割引

ETC2.0では走行経路情報を活用した新サービスが予定されています。例えば渋滞が激しい大都市圏で、環状道路などを使って同じ目的地に向う場合、渋滞を避けたルートを走行した時に高速道路料金が割引になるサービスが検討されています。

今後導入が予定されているサービス / 経路情報を活用したサービス

ETC2.0により、走行経路や急ブレーキ、急ハンドルの情報を物流会社へ提供し、運行や配送の管理などを支援します。また、特殊車両・大型車両の走行経路などを把握して、道路ネットワークの賢い利用も促進します。

今後導入が予定されているサービス / 賢い経路選択で目的地まで円滑なドライブが可能に

大都市部では道路ネットワークの整備に伴って、経路選択の幅が飛躍的に増加。経路情報を収集・蓄積可能なETC2.0対応車載器とITSスポットにより、渋滞、事故等の状況に応じて賢く経路選択を行うドライバーに対する優遇措置が可能となります。このことは将来、道路ネットワーク全体の有効活用につながります。

タイヤ用品